奥能登再生、畳工事で輪島を元気に、いわさか!

いわさかの内装工事

重蔵神社節分祭


2月3日重蔵神社境内で、今年還暦を迎えた氏子の方々と、厄年を迎えた御当組「卯辰栄輪会」の会員により、景品の当たり券やお菓子券の入った福豆を「鬼は外・福は内」の声とともに多数まかれ、参拝者が福豆を取り合い歓声を響かせました。20160203 setubun

節分祭は、正しくは追儺(ついな)祭といい、今年還暦を迎えた人の祭りで、その前に行う神事、除厄(じょやく)祭は厄年を迎えた人の祭りとのことです。